これからの子供にとっては日本は四季がある国じゃなくなるのかな

2017年12月18日ギター, ハヤえもん, 生き方, 雑記

温暖化で台風増える?

ギタリスト北島健吾です。

ここ最近のニュースで見たのが『温暖化が進むと台風が増える』という情報で、それを見て考えたわけです。

f:id:kengokitajima_01228:20171102003636j:image

「ここ数年、確かに子供の時に感じた季節とマッチしないタイミングで暑くなったり寒くなったりするなぁ」と。
あとは天気もなんとなく今までの梅雨とかのイメージとずれて、変に寒い時に雨降ったりしないかなぁなんて思いました。
それとも、楽器の失敗で湿度を気にし始めてからセンサーが反応するようになったのか。

四季って何って聞かれるかもよ?

僕が子供から青年になるころの記憶では、

「春はポカポカ、アイムスリーピー!」
「夏は暑いクレイジー!雨多い。」
「秋は涼しい、ちょっと出かけやすい。」
「冬は寒い、家から出たくない。風邪ひきやすい。」
そんな感じで過ごしてきたんですが、
ここ最近は思いもよらないタイミングで暑くなったり寒くなったり。
(松岡修造さんが関係してるとも言われていますが、それは置いておいて、、、、)

最近生まれた子たちには四季って言葉の意味や雰囲気がわからなくなりそうな気がしています。

ギターへの影響は?

個人的に気になってるのが、

“温暖化すると、ギター弦は緩む”
台風が増えると“湿度が上がり、ギターが逆反りする”

逆に、

“突然冷えると、ギター弦は縮む”
“乾燥するとギターが順反りする“

もともと湿度が高い日が続いたりすることも多いですが、なんだかすごく振り回されそうな気がしますね。(笑)

除湿機、加湿機、エアコンのありがたみを感じる

つい最近、「寒いのに何日も続けて雨降ってる!」みたいな時があって、

やっぱりコンプレッサー式やペルチェ式の除湿機は暑い夏ほどには効きにくいんですね。
周りの空気が冷えてると効果が薄れる。

そうすると、暖房つけながら回していくわけで、相乗効果でイイ感じにはなるんですが、

人間としては重ね着すればなんとかなるのにもったいないよなぁと思ってしまいます。

楽器はデリケートな赤ちゃんみたいなもんですね。

いずれは、もどるから大丈夫??

人によっては、ギターのネックは乾燥すれば順反りして、湿気が増えれば順反りするからプラマイゼロ。
シーズンで動いてもいい、っていう人も中にはいると思いますが、いつでも同じようにしておきたい人はどちらかといえば除湿機がいいのかなと思います。

まだ、ブログ書いてる今は冬が本気出してきてはいないので、
暖房をつけた時どれくらい乾燥して影響出るかきちんと見ておくといいですね。

イメージ的には湿度は50%前後でいたいです。
人間的にも調子いいですよね。

いずれにしても、温度は家と外で大きく変わると思うのでチューニングが狂いやすいことと、いいペグやナットの状態にしてチューニングしやすくしておくのが大事だろうなと思いました。

なんだかんだで、人間にとっていいものは楽器にとってもいいと思うので、除湿機、加湿器、エアコンなどは大事なのかなぁと思います。

もちろんあれもこれもと使っていくことによって、地球自体が温まってしまうことは大いにあるとは思いますが。

うーん、悩ましいところ。

ご報告

そういえば、ハヤえもんで2ヶ月連続ブログ賞をいただきました。
そんなことあるのか?驚きました。(笑)

hayaemon.jp

本当に推せるアプリだから仕方ないですね。

ただ、残念なのは現状キャンペーンがiOS向けということ。

企画ファイトです。もっと広げるために。