BOSSの最新テクノロジーを詰め込んだマルチエフェクター『GT-1000』がとても楽しみ。

お役立ちアイテム, ギター, 音楽

とうとうやって来た期待のニューモデル

ギタリスト、ハヤエモニストの北島健吾です。
今回はギタリストにとってホットなニュースです。
長い間新しいフラッグシップモデルが出なかったBOSSのマルチエフェクター、『GT-100』で完成されてしまったのかバージョンアップのパッチのみが配布されて、いつ新しいものが出るのかなぁと待ち焦がれていました。




ここ最近のBOSSは面白い

新しいマルチエフェクターとして、大きな話題になるものこそ発表されませんでしたが、コツコツとクオリティの高いコンパクトエフェクターを開発したり、スイッチングシステムを出したり、アンプを開発したり。常に何か面白いことをやっている、そんなイメージがありました。

色々とやって来たBOSSですが、ここでその最新の技術を駆使して、強力なエフェクトたちを詰め込み最高音質(32bit /96kHz対応)を実現したとのことです。

軽量化されたことでますます楽に

スイッチ部分などレイアウトも変わりコンパクトに収まっているようです。

旧モデルの『GT-100』の時点でもちろんそれだけでもライブができる、全く問題のないマルチエフェクターだと思いますが、大きすぎて持っていくのが辛い。こんな意見をよく目にしました。実際に『GT-1』というポケッタブルなモデルはかなり人気の機種でした。

今回は単純な軽量化ではなくて音質の部分でクオリティを追求しつつ、さらにそこから無駄を排除。『GT-1000』はコンパクトにまとまっているということで大荷物が辛いギタリストにとって期待せずにはいられないですね。もちろんBOSSクオリティ、耐久性も申し分ないでしょう。

最先端技術AIRD(Augmented Impulse Response Dynamics)がプレイヤーの表現力を解放する。

従来では不可能とされるほど徹底的に研究されたアンプ設計がプレイヤーの演奏ニュアンスに絶妙にレスポンスし、サウンド面でますます柔軟になることが予想されます。

詳しくは公式サイトと公式動画へ

製品サイトはこちら