ZOZOSUITが届かない!田端信太郎さんは面白いのにZOZOのカスタマーサポートはメール応対が微妙だった。

2018年3月19日時事, 生き方, 雑記

日本語が難しい

ハヤエモニックお天気ギタリストの北島健吾です。
先日天気図に入門してからというもの天気図を見るのが楽しくなってきてしまってテンションが上がっていたですが、
そんな浮かれ気分の時に「何やそれ」と思うようなことがあったので記録しておこうと思います。




ZOZOSUITが送られてこない

入荷待ちということで
29.12.27に注文したゾゾスーツが一向に送られる気配がありません。(もう3月)
体型を測るためのものなのに、
遅ければ夏頃になるかもしれない
という旨のメールを受信しておりました。
「夏までにサイズ変わっちゃうじゃんね?」と思いました。

一応はフリーサイズということですが、
注文前に身長と体重を入力したような気がするので、大まかなサイズは決まってくるのではないかと心配です。

初回発注分は送料のみの200円

これがポイントで、
誰でも手軽に高機能なものを注文できてしまうので
生産が追いつかないのかな?とも思いますが、
今回気になるのはその200円。

今日、ゾゾスーツの発注以降全く利用していないゾゾタウンから急にクレジットカードへ請求が入りました。(ソフトバンクカード)

頼んだ物は来ていない、
それ以外はなにも注文をしていない、
でも金額は200円ピッタリ。
あやしいと思いました。

カスタマーサポートにメールで
「これは何の請求ですか?」
と問い合わせをすると、突然『与信』の話。




与信ってお客に使わなくないか?

クレジットカードの知識がない人間だったら与信と言われても不親切ですね。
請求を上げる前にカードの利用可能枠をおさえておいて、
それからデータを送るのが普通だと思います。
クレジットの利用可能枠や利用明細をよく見る人はわかると思いますが、
お店からカード会社に正式な伝票を送る前にもかかわらず枠が変動します。
先におさえておかないと
請求するときに利用可能枠がいっぱいになっていて
枠を超えてしまうリスクがあります。

結局この回答だと、与信確保のタイミングで引き落とししますとあります。

引き落としって、口座振替のことじゃなくて?

カード会社にデータ送ることを引き落としって言ってる?ちょっと説明が足りない。。。

決済金額の枠を確保しておくには期間があるらしい。

今回の200円は元々は枠を確保していたそうですが、
80日経つと保持ができなくなり、
再度与信をとってから過去の与信をキャンセルすると。
過去の分のキャンセルは後になるというのも初耳。
引き落としが入りますがカード会社が返金をしますと。

「何だこれ?」という状況。

あれ?商品送ってないのに200円は一度引き落としてしまうんだ?
こんなモヤモヤが残った状態です。
二重で決済が発生することはない、というフォローメッセージには気持ち的には安堵感を感じないですね。
返金するかどうかよりも、商品発送できないのに送料だけで売り上げ伝票あげちゃうことがあるの?という。
2度問い合わせましたが、メールを返信する担当が違い回答の感じも違いましたね。
200円は安いです。
でも、コンビニでおにぎり買えちゃう値段ですからね。
もうちょっとわかりやすく完結に答えてほしかった。

LINEを辞めた田端さんがZOZOTOWN入会祭りを起こしていた件

ちょうど本日、、
上記でもやもやしていたら面白そうな広報活動をしていました。
LINE Payで資金を与えてZOZOで服を買ってもらってSNSの拡散をしていくもの。
目の付け所が面白い。
見習うべき勢いもあるし、ポジションが違う人がやると寒い結果になりそうなことでもあるけれど面白い。

面白さだけはありますけど、品位落としてる気がしますねぇ。

結局出会い系サイトのサクラみたいな形でユーザーアピール増やしてもあんまり気持ちよくはない。

退会した人からすれば何じゃそれになってしまいますね。

いずれにしてもカスタマーサポートへのもやもやは残ってます。
メールって簡潔に伝えるの難しいですもんね。
ぼくも、送り方が下手くそなのかなと反省はしましたが、
それにしても返答にもやもやがのこるのは失敗だと思いました。

ZOZOスーツ届いてない人同じこと起こってないですかねぇ??

冷静に考えて採寸する必要があるのかどうか?
ZOZOじゃないといけない理由あるのか?
いろいろ考えてしまいますねぇ。