【TAB譜】どんなに食べてもカロリーゼロ・MONKEY MAJIK × サンドウィッチマン『ウマーベラス』でカッティングしてみた

2018年9月15日ギター, 動画コンテンツ, 音楽, 音楽理論

話題の『ウマーベラス』のバッキングパートをタブ譜にしてみました

ギタリスト、ハヤエモニストの北島健吾(@kengo1228)です。
今回は、ファンキーでノリノリなサンドウィッチマンさんの曲でカッティングをしてみました!
耳コピは自分がやらないプレイを取り入れられて楽しいですね。
耳コピをしたい方は、是非ともハヤえもんを使ってくださいまし。楽チンです。

原曲はこちら。

すごいオシャレですよね。
とてもネタ曲ではない勢いを感じます。
かっこいい!ネタをちりばめた真面目なサウンド。

では行きます!


タブ譜

こちらが、タブ譜動画です。

実は、最近FinalCutXを導入したのでサクサク編集してます。

①イントロやサビのリフ

仕組みとしては、
Am7の5弦ルートのボイシングの周辺でテンションを動かしてメロディアスに。
そのあとはそれぞれDm7、Em7のルートを除いたボイシングをしています。
ベースがいればルートを優先しなくても問題はありません。

②Aメロ

特に触れることもないですが、ここはハンマリングを装飾音的に使っています。

③Bメロ

ここは、ルートをベースに任せて、
Aメロの時にDm7を弾いてたポジションでFを弾いています。
共通音を使って音域を揃えてる感じです。
あとは、E/G♯はセカンダリードミナントです。