【ギターTAB譜】アニメ『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風』主題歌 “Fighting Gold” を弾いてみた

ギター, レッスン, 動画コンテンツ, 音楽, 音楽理論

ジョジョ5部の主題歌を弾いてみた

ギタリスト、ハヤエモニストの北島健吾(@kengo1228)です。

今回は、アニメ『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風』の主題歌、

『Fighting Gold』の1コーラスを弾いてみました。

実はこの曲、結構アップテンポな曲でダウンピッキングを繰り返しているので、

またもや乳酸がたまりそうな感じです。


動画本編

こちらの曲は、チューニングが6弦ドロップDとなっていて

人差し指一本(6弦、5弦、4弦をセーハ)でパワーコードができるようになっています。

※ドロップDとは、レギュラーチューニングでいうところの低音弦側、6弦を1音分下げて

チューニングすることです。

仮に全弦1音下げ+ドロップであれば、ドロップCという風になります。

Aメロ

前半部分はお休み、後半から入ってきます。

Bメロに入る直前に、オンコードが入っています。

スクリーンショット 2018 11 04 15 51 22

なぜこうしたのかというと、おそらく低音弦の流れをスムーズにするためでしょう。

Bメロ

曲サビ前に刺激の強いコードとフレーズが入って緊張感を煽っています。

スクリーンショット 2018 11 07 01 49 46

セカンダリードミナントや、裏コードなどと捉えることもできます。

ただ、理論的に攻めているというよりはロックなので

カッコよければそれでいいと言った印象をもちます。

今回は弾きやすいポジションにアレンジしてますが、

原曲は単音フレーズ部分はオクターブ上も鳴っています。


サビ

スクリーンショット 2018 11 07 01 58 01

これは、ベースを固定したペダルとなっています。

※ペダルというのは、コードが進行しても音を継続させていくアレンジで

ベースをペダルにしたり、トップをペダルにしたりありますね。

ギターの場合は、開放弦を鳴らし続けたりもペダルと言えるかもしれません。

で、コードネームについては臨機応変にしています。

Dをルートとして一つのコードとして見るか、

Dの上に別のコードが乗っていると考えるか。

または、Dをコードトーンに含むコードを転回していると捉えるか。いろいろです。

今回、このサビの部分のアレンジはエコなのにかっこいい。と思います。

大げさに押さえ方を変えることはなく、開放弦を鳴らしつつ上を変えて進行しています。