脱資本主義が自称ブサイクを追い詰める構造が見えてしまったので情熱マシマシで信用稼ぎましょう

2018年3月14日生き方, 雑記

最近何かと変わっていくお金の価値

ギタリスト、ハヤエモニストの北島健吾です。最近流行ってますね、脱お金の流れ。資本主義ってお金でお金を作るようなものなのですが、現在はお金そのものの価値がすり減り、資本主義の中で暮らしつつも徐々に評価経済・価値を先に持ってくる経済にシフトしていっているように思います。

フリーが増えた

データ化できるものは供給量が増えます。供給量が増えたものは世界に流れて行き価値が下がって行きます。コンピュータの流れがこれを作ってきたのかと思います。人間が考えるよりも作業効率がよく、パソコンやスマホは流通していつでもインターネットで繋がるようになりました。
常時インターネットで繋がり調べごとをしやすくなった結果、物質として参考書を買うよりも調べた方が安くなりました。さらにブログなどの文化に早く気がついた人は自分が情報発信をして広告を載せていくことで収入を得られることに気がつきました。




仕事の形は変わり、広告収入を稼ぐために日夜アフィリエイターたちはブログに有益な情報を載せ、YouTubeなどの動画投稿サイトでは誰でも先生になれるようになっています。情報の正確・不正確にかかわらず量そのものが多くなり、それぞれの価値は下がって行きます。本を作るには何人もの協力で製本されますが、デジタルならパソコンで書けばいいだけですからね。しかも今時スマホでも動画撮影できてしまいますし、個人で発信が容易です。そして、若い世代にとってはパソコン・携帯・スマホがない時代がきっとなかったでしょうからタダで情報を得るノウハウは積み重ねています。

仮想通貨などが価値を変える

これまでの感覚だとお金の流れは中央集権的なものでした。仮想通貨により流れが変わり真ん中の誰かが管理するのではなくブロックチェーンで分散管理されるようになるとデータの改ざんができないと言われています。
その仕組み自体のセキュリティは強く強固だったとしても外部の詐欺はいます。『投資』として持ちかけクレジットカードの情報を収集、そんな組織もいるようです。やめましょう。投資は自己責任ですし、そもそも仮想通貨が投資?というとちょっと微妙ですよね。

労働をしないでお金を動かす人が株よりも増えやすいのは事実です。それは比較的入り口が大きくて若い人でも選択できる価格から通貨を買うことができるからでしょう。ただ、億り人と言われるような人も現れますがそれは一部でしょう。投資する余力がない人は生活費を仮想通貨に回すのは気が早い気がしますね。実際に失敗してクレジットカードが払えないっていう人もいるようです。

「年収がある人と結婚しなさい」が意味なくなるかもしれない

AIが発展して、単純作業や面倒な作業は機械に置き換わり、仕事は生み出さない限りはどんどん減っていきます。

ベーシックインカムが導入されると自称ブサイクはもっと結婚できなくなる?などと思います。
生きている人たち全てにお金を配るとお金を稼ぐことの重要性が下がってしまいます。ベーシックインカムの値段によってはそんなにすぐに経済効果は出ないかもしれませんが『財力持って養うことの重要性』が下がるような気もします。
そうすると、ルックスや人望でしょう。
ブサイクだけど年収はいいっていう人がお金をチラつかせてもお金自体がそこまで価値を持たないくらいみんなが自力で生きていける最低限の収入があったなら、年収度外視してイケメンとか性格がいい人と結婚したい願望が増えそうですね。
今も大して変わらないかもしれませんが、、、でも、今からお金以外に価値を持てるように目指したほうがいいかもです。
ちなみに自称ブサイクとしているのは、人からブサイクだと言われて自分磨きを怠ってしまうことは覇気を失い停滞してしまうからです。
度を超すと酷いですが、適度に自分のことを可愛いと思ってる人の方が可愛いですし、かっこいいと思ってる人のほうがかっこいいです。
年収をあげるために良い会社に入るのが共通の価値でなければ、勉強自体もしなくなってしまいますね。学問も役に立たないかもしれません。進学して就職できればバンザイとしてきたものが、お金の価値がない時点で就職をしなければいけない理由がわからなくなります。

情熱を忘れないようにしよう

お金の価値が薄れていくと人本来の価値が浮き彫りになり、本当の意味でその人特有の面白さや価値が注目されるように思います。

稼げる稼げないで考えると稼げることが目標になってしまいますが、お金をないものと考えて比較した場合はどれくらい自分が熱狂できてその様子を見て人が面白がる方がよっぽどバズる。

バズっただけじゃ生きられないですが、それをきっかけに浸透させていくのが上手い人はそれを通貨のように自分のやりたいことをやる軍資金にしていると思います。